チームについて

長野☆GaRons(ガロンズ)について

創部1974年以降40年間長野県須坂市を拠点に活動をしていた、富士通グループ長野(F長野)が前身となります。
2008年より日本バレーボール協会主催の地域リーグに長野県男子チームとして初参戦し全国優勝2回、準優勝2回、第3位1回と、参戦以降偉業を成し遂げております。部員構成は、長野県北信地方に点在する富士通グループ会社(インターコネクトテクノロジーズ、コンポーネント、しなの)のメンバーが2/3、地元企業勤務メンバーが1/3となっており、いずれも長野県出身者にて構成されております。活動は、スポーツを通じ地域に密着し定期的なバレーボール教室の開催等による青少年育成、震災復興支援活動、企業開催ボランティア活動等を実施しております。長野県バレーボール協会より顕彰10回、長野県知事、長野市長への表敬訪問4回など、地域に密着した活動を行っております。

より地域に密着した活動と、青少年の希望となるべく、2015年9月、活動拠点とする須坂市をホームタウンとすることに、行政および地域協会の合意を得、同月「(一社)日本バレーボールリーグ機構(V機構)」に準加盟申請を提出しました。

2015年11月、㈱信州スポーツプロモーションをチーム運営会社として設立。同月、チーム名を「F長野」から」公募投票の結果「長野ガロンズ」としました。ガロンズとは「GaRons」臥龍から命名されており、日本の桜100選にも選ばれている須坂市の観光名所「臥竜公園」をイメージ。今後、チームのメンバーは竜戦士となり、Vリーグという大きな舞台での活躍を期待しております。

graph0101

<沿革>
1974年   富士通長野工場バレー部 創部
2003年   F長野バレー部(富士通長野工場バレーボール同好会)に改名
2006年   再び富士通長野バレー部に改名(事業所クラブとして認定)
2008年   地域リーグに参戦「富士通グループ長野」に改名
2015年   F長野に再び改名し目標を活動継続と地域貢献に定める
同年4月    Vリーグ参戦に向けて活動開始
同年9月    須坂市にホームタウン合意。Ⅴ機構に準加盟申請実施
同年11月    ㈱信州スポーツプロモーションを運営会社として設立
チーム名を公募投票により「長野GaRons(ガロンズ)」に決定
長野ガロンズ稼働開始

長野☆GaRons(ガロンズ)チーム名の由来

GaRons(ガロンズ)のGaRon(ガロン)は須坂市の観光名所である臥竜公園より命名されております。

☆臥(Ga)ガ 龍(Ron)ロン

桜の名所百選にも選ばれている、「臥龍公園」からより地域性を高めると共に、長野県須坂市の伝統と文化を広く皆様に知って頂きたいと言う思いが込められております。

なお、「臥龍」は三国志演義の「三顧の礼」で有名な逸話に出てくる諸葛亮孔明のことを指した言葉でもあります。(須坂市の臥龍公園とは出自は異なる)。
諸葛亮孔明は、時の実力者「劉備」らによって三度礼を尽くされたことでその想いに応えたとされる人物であり、未だ世に出ていない隠れた才能を持った諸葛亮孔明が、天下の覇権を目指して動き始めたことで「臥龍立つ」と評されました。

須坂市を中心に、秘められた才能を持つ選手達が結集し、Vリーグという舞台での躍進を目指す選手達の姿を「臥龍立つ」と捉えるとともに、今後の活躍の願いも込め、「GaRons(ガロンズ)」と命名されております

 

■わたしたちは長野☆ガロンズを応援しています 一覧はこちら

■わたしたちは長野☆ガロンズを応援しています 一覧はこちら